2007年01月27日

War over Vietnam とコンピューターウォーゲームの真価

War over Vietnamのベトナム戦争初期のシナリオをいくつかプレイしてみました。
そこから思ったのですが、War over Vietnamはゲームというよりも実際に動かす戦史の追体験という要素も強く感じます。
しかしここにシミュレーション・ウォーゲームをコンピューターで行うという真価が見えるように思います。

たとえばB52が多数出てくるオペレーションアークライトや最初期の空爆であるフレイミングダートなんかはほとんどベトナム側のやることはなく、ベトナム側にたってみるとゲーム性というのはほとんどありません。ただ爆弾を落とされるだけでAAAを機械的に動作させるくらいです。

arclight.jpg
アークライト作戦(B52による補給路の爆撃)

framingdart.jpg
フレーミングダート作戦(米艦艇に対する攻撃の報復作戦)

ただし米軍側では各機体の役割や実際の進入ルートなどかなり実戦の様子がよくわかります。
ボードゲームだとこれではベトナム側プレーヤーが退屈してしまいゲームになりませんが、コンピューターのAIはもくもくとつまらないベトナム側をやってくれます。

両方とも有名な作戦ですが、実際にどう作戦が遂行されたかというのはよくわからないのでこのシナリオをやるとゲームというより戦史の本を読んでいるのに近い感覚です。
こうしてB52は援護されて、U2も飛んで偵察して、とオペレーションアークライトの詳細を、自分で動かしながらふむふむと理解できます。

ベトナム側をコンピューターにやらせるもうひとつの利点としてオペレーション・ボロがあげられます。

bolo.jpg
オペレーション・ボロ(ベトナム側から見た画面)

オペレーション・ボロはF4CがF105のふりをしてMigをおびき寄せた制空戦闘で、かなり有名な作戦ですからベトナム航空戦ゲームをやろうとするプレーヤーはたいてい知識として知っていることでしょう。つまり人間がベトナム側をやるとはじめからレーダーに映る攻撃機のように見えるのは実は戦闘機だということを知っています。それを前提にMigを誘導するでしょう。これでは正確な戦史の再現とはなりえません。
しかし、コンピューターはこの事実をしりません。おそらくレーダーに映る機影は低速で攻撃機のように飛んでいるから、攻撃機であると判断することでしょう。それは正確な戦史の再現になります。

プレーヤーがベトナム側をやるとこのシナリオではなにもしなければ必ず勝ちます。ベトナム側はこのシナリオに攻撃機がいないことを知っているので、なにもしなければいいのです。ですので勝ち負けははじめから意味はありません。
ここにシミュレーション・ウォーゲームをコンピューターで行うということの可能性を感じます。

わたしは以前シミュレーター誌に「珪石器時代をむかえたウォーゲーム」というコンピューターウォーゲームの連載記事を書いていたんですが、その中で書いたミッドウエイでの南雲長官と同じです。
この辺が基本的にゲームとシミュレーションを分けるところだと思いますし、コンピューターを使う真の利点の一つだと思います。


これはWar over Vietnamがもともとは米空軍の訓練シミュレーターをベースにしているということも影響しているかもしれません。
次からこの辺についてもう少し考えて見たいと思います。
posted by Y.Sasaki at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | HPS : War Over Vietnam | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

DOWNTOWNとタンホア鉄道橋

GMTの情報誌のC3iを購入した理由はDOWNTOWNの拡張シナリオとしてタンホア鉄道橋が含まれていることです。
DOWNTOWNでは独特なスケールの関係から主に20度線の北のルートパッケージ6地区(いわゆるベトナム戦争で歌われた"ダウンタウン")を中心にしているので、パッケージ4地区にあるタンホア鉄道橋は含まれていません。

一方でタンホア鉄道橋は単一の軍事目標としては戦史上でもっとも有名なもののひとつですので、こうして独立したシナリオとして登場したわけです。DOWNTOWNは主に資料的興味から購入したのでこの辺も気になります。

タンホア鉄橋は米軍呼称で、場所がタンホア省にあるのでタンホアにある鉄橋というような意味です。
ベトナム側ではHam Rung(ハム・ラン)橋と呼んでいますが、英語に訳された"Dragon’s Jaw"(竜の顎)の方がよく知られています。

downtown5.jpg

タンホア鉄橋と一般にいいますが、実際は鉄道と自動車の混在で落ちなかったのは中央5mの鉄道部分です。ポールドーマー橋に比べると164mとかなり短く1964年とできたばかりなのでかなり頑丈に作られていました。
なかなか落ちなかった理由はこの小さい目標に大きな弾頭を必要とされたからです。この両立がベトナム戦争の初期には成り立ちませんでした。
ベトナム戦争初期のローリングサンダーの頃にはまったく歯が立たなかったのですが、ラインバッカー作戦において2000ポンドクラスの精密誘導弾が登場してようやく橋を落とすことができました。当初の精密誘導兵器はミサイルに頼っていたので、弾頭威力が足りなかったのです。また光学式ではなくレーザー誘導の登場を待つ必要がありました。
そのためPGMの威力を証明する例としてもよく引用されます。

C3i No.18ではDOWNTOWN関連ではDragon's Jawのマップとシナリオがあります。またタンホア鉄橋の強靭さのための特別修正があります。
ほかには誤印刷の訂正のほかにオーストラリア空軍のミラージュやキャンベラの追加ユニット、No17での追加シナリオ(サイゴン撤退支援でしょう)でなんとF14のADCがついています。

downtown6.jpg downtown7.jpg

これがF14の実戦初参加として知られているものですね。
うーん、17もほしくなったかも(笑)
posted by Y.Sasaki at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | GMT : DOWNTOWN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

Vietnamの空の戦い

War Over VietnamとDOWNTOWNで見たいものは、それぞれベトナム航空戦がどう再現されているかということです。

ベトナムの空の戦いは随分昔にも思えますが、現代航空戦としては完成されたショーケースのようなものでもあります。
ベトナム航空戦はF100やF101さらにはF104といういわゆる当時既にロートルのセンチュリーシリーズからはじまり、最後期のサイゴン撤退(DOWNTOWNでは拡張シナリオあり)には上空援護にF14まで投入されました。戦略偵察に投入されたSR-71のマッハ3を破る飛行機はいまだあらわれていませんし、戦略爆撃の主役だったB52はいまだ現役です。
ベトナムの戦いは色あせた昔話ではありません。

ベトナム航空戦の興味は米軍のストライクパッケージ(海軍呼称はアルファストライク)と北ベトナム空軍の防空システムというシステムのぶつかりあい、というところにあると言えます。
ストライクパッケージは攻撃の核になる攻撃機とそれを援護する戦闘機とCAPの戦闘機が中核となり、まずECMジャマーやチャフ散布の機体が先導します。また対SAM/AAA任務を持った今で言うSEAD(Suppresion of Enemy Air Defense)のワイルドウィーゼル(海軍呼称はアイアンハンド)が露払いをします。それに少しはなれたところをCAPの戦闘機が警戒します。
遠く離れたところには早期警戒機や空中給油機が飛び、さらには主力から少し遅れて戦果確認の偵察機が続き、RESCAPを行うヘリやA-1が待機します。

対する北ベトナム空軍の防空システムは大きく3つの要素があります、MiG、SAM、AAAです。これらはおおまかには担当高度で低空をカバーするAAA、やや低空が苦手のSAM、そして高空を飛ぶMiGと別れています。
しかし実際のところ主役はあくまで地味なAAAであって、統計的にAAAの戦果が一番多いといえます。MiGやSAMは派手に見えますが、実際の戦果はそれほどでもありません。
それゆえ直接的に敵を撃墜するというよりはAAAの死の罠に追い込む猟犬、または爆弾を投棄させてミッションを失敗させるという番犬とも言えます。
MiGの攻撃は主に奇襲によって、行われます。ベトナム側は優れた航空管制によって空でもゲリラ戦を展開していたわけです。

米軍から見るとSAMは恐るべき存在ですが、ベトナム軍から見ると万能ではありえません。発射数に制限が有りさらにレーダーを照射して追尾している時は米軍のワイルドウイーゼルから対レーダーミサイルを撃たれる可能姓があるため、つけっ放しは自らを死に追いやります。
ふつうSA-2サイトには6発のミサイルがあり、本来はサイトにはもう6発の予備がありますが再装填に30分以上かかるというのでWar Over VietnamやDOWNTOWNなどのスケールからするとルールとしては抽象化されていいでしょう。

ただしこうしたシステム同士の戦闘というのはベトナム戦争でもラインバッカー作戦あたりのもので、ローリングサンダー作戦のあたりはまた様相が違います。
それはWar over Vietnamではシナリオを追って明らかになります。


一方やや細かいスケールで見た場合、
第二次大戦がおわり戦闘機はミサイリアーという構想によりただのミサイル搭載機という位置付けがされたのにもかかわらず、やはり最後の戦いは機関銃で行われることもありました。それゆえ機関銃のないF-4にはバルカンが搭載されるようになりF-4Eが生まれ、トップガン構想が生まれました。
またレシプロの延長だった朝鮮戦争と違い、ベトナムでは空中戦においてもエネルギー・マニューバーというジェット時代の真の展開がありました。たとえばズーム上昇やエネルギー損失はDOWNTOWNでもルール化されています。
リッチー大尉とトム大佐のようなエース同志の空中戦までありました。
ベトナムの空の戦いの主役はミサイルだけではありません。やはり戦う人間が主役であったといえます。
posted by Y.Sasaki at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | HPS : War Over Vietnam | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

War Over Vietnam 日本語エイド

完全ではありませんが、War Over Vietnamの日本語のクイックガイドを作ってみました。随時書き足します。

*基本コンセプト

基本はユニットを選択(左クリック)して、右クリックでマップまたは目標ユニットをクリックしてオーダーします。
この目標がマップならそこへ飛び、敵ならインターセプト、目標なら爆撃、給油機ならランデブーして給油します。

シンプルですが、コマンドにはimediate orderとcombined orderがあります。いつ適用されるかがちがいますので注意が必要です。
imediate orderはユニットを左クリックでセレクトしたあとに、マップ又は他のユニットを右クリック(またはaltやctrlつき)するもの、combined orderはユニットのセレクト後にsft+右クリックで出したポップアプメニューでするもの。このメニューはimediateのショートカットでは出ません。

左クリック(ユニット選択)
右クリック(目標選択)
シフト・右クリック(コマンドメニュー)
Alt・右クリック(パトロールエリア設定)
コントロールキーの押下(攻撃モード)->右クリックで攻撃

ダブルクリック(SAMサイトのアクティブ/インアクティブ)
ダブルクリック(基地の発進ダイアログ)

リアルタイムで進行してスペースバーでPause

*ユニット(アイコン)の表示について

燃料・兵装残量表示にはなしとノーマルとサーモメーターがある

青円(視界)
黄色円(探知範囲)
赤円(兵装射程)
白線(ルート)
茶円(低空飛行のみ、視認される範囲)
濃い緑(ルックダウンレーダー範囲)

赤円(SAMの射程)
灰色円(AAA)

紫エリア(ECMカバーの範囲全体)
緑エリア(ECMで敵のレーダーに穴を開けて安全なエリア、緑の箱の中なら探知されない)

赤三角(探知した敵機)
黄色三角(レンジ内の敵機)

ななめ白ストライプの円(Migベース)

*左側の機体のシルエットのかかれたエリアはフライトリストと呼ばれます

フライトリストの機体の絵のところで右ホールド(詳細情報)
フライトリストにおいて赤文字の速度は最大速度、黄色=ミリタリー、白=クルーズ
燃料が2/3残りの場合は黄色のレンジ、1/3なら赤
!機数 はAuto Fireモード(射程に入るとユニットが勝手に撃つ)
^速度 Auto Interceptモード(敵機をインターセプトする)
[レンジ] Autoリターンモード(投弾したら帰投する)
Winchester 弾切れ
Bingo 帰投必要
TFRがついているとナップオンアースができる
posted by Y.Sasaki at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | HPS : War Over Vietnam | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

Down in flamesの零戦(2)

最近はしばらく日本軍パイロットでローテーションをまわしていますが、やや進展が遅れてきました。
ゼロ戦21型を使っていると前に書いたように差が大きいので、手札がよいと敵機をなんなく撃墜できますが、手が悪いとお手上げになることもしばしばあります。
たとえばburst/dmgはゼロ戦は0/+1でスピットファイアは1/0になります。これはゼロ戦の場合は射撃機会は少ないがあたると大きい、スピットファイアは射撃機会は多いがダメージは少ないということです。
このため勝負がつかないときはより多くヒットしたスピットファイアが有利になりがちです。
特にローテーションがきつくなったときはとにかく生き残りを目指してより頑丈な飛燕に搭乗することもあります。
特に高高度性能に優れた連合軍機に振り切られるというパターンもありますので、早く新型機を投入してほしい今日この頃です(笑)
posted by Y.Sasaki at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | DVG/GMT : Down In Flames PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

Down in flamesと零戦

zero1.jpg

Down in flamesでの零戦は性能(performance)と火力(dmg.bonus)がわりとあるのに複葉機に普通あるようなAgility(格闘戦能力)を併せ持っているので、こちらが攻めているときは相手が逃げのリアクションカードを出してもAgilityのシザースで打ち消してしまうということが出来て、相手が逃げてもどんどん回り込んで追い詰めていく感覚が攻めに強い機体と感じます。
反面で守りに回ると耐久力(airframe)が弱いので、いったん相手にモメンタムをもたれるとあっさり落とされてしまうということになります。そうするとパイロットのローテーションもきつくなり他のパイロットも消耗して、とまさに日本海軍のシチュエーションを味わうことになります。
このようにDown in flamesはカードゲームながらなかなか雰囲気をよく再現しています。
posted by Y.Sasaki at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | DVG/GMT : Down In Flames PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

怒りの翼に怒る

War over Vietnamをやってたら無性に映画「怒りの翼イントルーダー」が見たくなってきました。あのガイドラインがゴォーっとばんばん上がってくるところです。
ちなみにこの映画のハノイ攻撃の帰りに二人が機内で歌う歌が「ダウンタウン」でGMTの"DOWNTOWN"のタイトルの由来です。

あとBull RunのTake commandシリーズが気に入ってるんですが、最近の南北戦争もの映画で戦闘シーンがリアルなものというと結局「グローリー」くらいになってしまうのでこれも借りようと思いました。

そこでひさしぶりにツタヤにいったところ、平日でけっこう空いていたので「ダヴィンチコード」が空いてるのを見つけて借りると、ちょっと「男たちの大和」も気になり計4本レジにもって行きました。
これをレジにもっていったら「旧作は4本で一本無料」ということでついでにティムバートンの「コープス・ブライド」を借ります。すると今度のレジの人は「大和」は旧作ではない、というので結局、ギリアムの「ブラザーズ・グリム」も借りるはめに(^^;

さすがにイントルーダーは低予算のせいかSFXがせこいというのと考証がいいかげんなところがありますのでひさしぶりに見るとちょっとがっかりします。
でも、このハノイの爆撃のシーンでダウンタウンに赴いた二人が有名な聖書の一節を引用すると単純に感動してしまうところが悲しいところです。

「グローリー」は映画自体がよく出来ていて、一般的にはデンゼルワシントンの出世作というところがポイントの映画です。これは劇場でも見たんですが、この黒人俳優なかなかいいなと思ったらやはり有名になりました。
軍服もそろって整然と行進する北軍にたいして、軍服はばらばらで雑然と動く南軍との対比がよく出ているという感じがします。またこんなに近距離で打ち合うのか、という驚きもありましたね。相手の顔が見える距離で打ち合うというのはなかなか恐ろしいものがあります。
ただ最後の突撃シーンが少し雑で、ここまでのせっかくのリアルさを生かしてないと思います。

「大和」も思ったよりはよかったんですが、まあ戦闘シーンもなんだかごちゃごちゃしているだけで映画都合という感じでリアルさにはかけます。これだったらみらい対ワスプ艦載機の戦いの方が対艦戦闘シーンとしてはよほどよかったような(笑)

「コープスブライト」もティムバートンらしいダークな中の優しさがよく出ていますがやはり「ナイトメア」の方がよいと思いましたし、「ブラザーズグリム」もいまひとつでした。
ギリアムはやはり好き勝手作って毒をはきまくった「タイドランド」の方が良い出来でした。「タイドランド」の方は劇場で見たのですがこちらは子役のすばらしさとあいまってギリアムらしいよい映画だと思います。
posted by Y.Sasaki at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ 図書・映画など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

Down in flamesファーストインプレ

Down in flamesのPC版はカードの動作(バレルロールだと左右に揺れる)などアニメーションで動くのも面白いですし、やはり射撃音がするのがてぇーという感じで良いですね。ブックキーピングがないのもさくさくできます。
また時間制限があって20秒の思考時間制限があり緊張します。

しかし、はじめなかなか勝てないのでわたしのカードゲームの勘も失せたかと思ってましたら、負け続けた理由が分かりました。
実は同じ国籍では最低2組(最適は3-4組)のパイロットを作成しなければいけません。なぜならミッションが進んでも休めないのでローテーションができないからです。はじめはこれが分からなかったので、一組で進めていてあっという間に疲労ポイントが蓄積されていってすぐにやられてしまっていました。
疲労を取るには同じ国籍の他のエレメントが飛ばないといけません。つまり日本とドイツのパイロットを一組ずつ作って交互に飛ばしても疲労は取れません。
あんまり簡単だといってルールをよく読まないでやつてはいけませんね、やはり。
それできちんと日本の3組のパイロット(+初期の一組)を作成して仕切りなおしました。今度はうまく進んでいます。
僚機の名前は自由に付けられますが、ラバウルのエース・坂井と西澤、ビルマのエース・黒江の名前を勝手にお借りしました(^^

まず40年からのシナリオですが、Tony(3式戦)をはじめ愛機に使っています。40年から飛燕が使えるのはおかしい気もしますが、経験値との関係で初心者用機体という位置づけのようです。
たしかに飛燕は性能と防御力・火力のバランスが取れてます。この時期だとOscar(隼)も選択できますが、隼だとAgilityのボーナスがあるんでいざというときシザースを多用できますが火力が低いのでちょっと考えます。

下のワイルドキャットとの空戦では性能の高さで圧倒できます。ただしその分で最終得点は不利に計算されるので撃墜を目指さねばなりません。
下のログを見ると分かるようにまずウイングマンフェイズで僚機の黒江大尉がマニューバーカードによるアシストで優位な位置を得ます。次にリーダーフェイズで佐々木機が6時方向からIn My Site2:3射撃カードで射撃します。
敵はバレルロールでかわそうとしますが、こちらもバレルロールで追従して命中させました。さらに射撃カードを一枚出してとどめを差そうとしますが、敵はなんとか逃げます。
激しい空戦でエネルギーを消費(手札カードを消費)してしまいますが、飛燕はパワーがあるので右端のようにすぐに回復できます。(openが今回引けるカードの数です)

dif3.jpg

また、ひとり経験を積んで零戦を得ることが出来ました。下の画像はなぜかYak1との対戦ですが、Agilityを使うことで不利な体勢から一気にシザースで優位に持ち込むことが出来た瞬間です。このあと敵のリーダーはこちらのウイングマン・坂井一飛曹によって撃墜されます。

dif2.jpg

いろいろ学んだんですが、パワーがある機体の場合は不利な場合は一回上昇するというのが有効です。相手が手持ちがすくないときは追従できないので、次に高度変更でリーダーの手番のときに先制攻撃できます。
やはりよく出来たシステムですね。

さて次はドイツでパイロット作成か!
posted by Y.Sasaki at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | DVG/GMT : Down In Flames PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月05日

Vassal Formatゲームとは

先に紹介したDVGのDown in flamesシリーズのラインナップはVassal Engineというシステムを使ってゲームをすることが前提になっています。(別料金を払うとPDFでダウンロードして印刷して普通にカードゲームもできます)
Vassal EngineとはなにかというとJAVAベースで走るオンラインゲームです。JAVAなのでPCやMacなど機種は問いません。ただしJAVAのせいかやや動きが鈍い気はします。
これはカスタマイズが容易でさまざまなゲームのベースとして使うことができます。

たとえば下の画像はWWI版のDown in flamesのチュートリアルです。これは無料です。
航空写真のようなマップが仮想のテーブルで、この上にマウスでカードを並べていきます。このマウスの操作はゲーム毎で統一されていると思います。

vassal1.jpg

WWI版はややWWIIのDown in flamesと異なるルールでさらに簡易化されているように思います。
posted by Y.Sasaki at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | DVG : Vassal Format games | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月04日

PC版 Down in Flames

さて、正月と言えばカードゲームという訳でGMTの有名なカードゲームであるDown in flamesのPCバージョンを購入してみました。

Down in flamesシリーズは現在ではDVG(Dan Verssen Games)という会社が開発してGMTから販売されるという形をとっているようです。もともとDown in Flamesの第一段である"Rise of the Luftwaffe"をデザインしたDan Verssenという人の会社のようで、コンピューター版はGMTではなくbattlefront.comから販売されています。

ちなみにCDだと時間がかかる上に送料もかかるので、今回はダウンロード販売で購入しました。
Down in flamesのPC版にはオリジナルのものと拡張キットであるEastern Front、そして両方入ったバンドルパックがあります。
そこでバンドルパックを今回は買いました。

ただ963MB(拡張キットバンドル版)ものファイルをダウンロードするとなるととてつもなく時間がかかるので別記事に書いたようにダウンロードマネージャというものをインストールして使います。
それでも6時間くらいはかかりました。


簡単に紹介しますが、もともと簡単なカードゲームをますます簡単にできるので1ゲームがあっというまに手軽に出来ます。
下の画像はBf109Bとグラジエーターの空戦で私がドイツ側です。

dif1.jpg

こちらのIn My Sights(射撃カード)に対して相手はタイトターンで振り切ろうとしますが、こちらは虎の子のAce Pilotカードで一撃を加えた、というところです。これで相手のテールにつくことができます。
詳しくはまた。。

なお現在ではDown in FlamesシリーズはDVGによって独自に拡張されていて第一次大戦版やホーネットリーダーの新シリーズ、またはファンタジーのドラゴンが出るもの(Ace of acesを思わせます)まで出ています。
ただしこれらはVassal FormatというJAVAベースのオンライン用ゲームですが、これらはまた別に紹介します。

DVGのページ
http://www.dvg.com/

Battlefrontのページ
http://www.battlefront.com/

posted by Y.Sasaki at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | DVG/GMT : Down In Flames PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Get Right - ダウンロードマネージャ

海外からゲームをダウンロードで買うときに数百メガバイトというファイルをIEブラウザーを使って普通にダウンロードすると遅いだけでなく途中で切れてしまいます。
それを防ぐために専用のダウンロードマネージャというツールを使います。
わたしはDown in flames(963MB)をダウンロードするために下記のGet rightを使いました。

http://www.getright.com/

デモ版ということですが、かなり使えます。制限は時折「買ってください」というメッセージが出ることです。
posted by Y.Sasaki at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ 役立ちツールなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Tally Ho !

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。