2007年05月14日

ブラッカムの爆撃機

「ブラッカムの爆撃機」はイギリスの作家ウエストールによって書かれたもので、第二次大戦中の夜間爆撃を英軍の搭乗員の視点から書いています。原題は「ブラッカムのウィンピー」といいますが、ウィンピーはすでに旧式化しつつあったウェリントンの愛称です。

アマゾンのリンク

舞台は第二次大戦のイギリスで、主人公はウエリントン爆撃機の無線手です。物語は彼とクルーが体験する奇怪な出来事ですが、キーになるのはミッション中の爆撃機のクルーはヘッドセットごしのインターカムの音しか聞こえないという舞台設定です。この独特の世界をリアルに描写するため、かなり細かなミッションの書き込みがされています。

もともとは子供向けということですが、ウエストールの原文は当時の戦術に緻密に基づいて書かれているところが特徴です。
たとえば爆撃機が編隊を組んでいないことや、ドイツの夜戦を発見したときに行なう回避行動、また上昇しながらJu88が現れるところとか両軍のドクトリンにかなり忠実です。
たとえば昼間のB-17などは攻撃されてもボックスフォーメーションを崩さないほうがよかったわけですが、夜間の英軍機はもともと編隊を組んでいないので夜戦を見つけたら反撃するよりもまず回避機動を行なったようです。逆に言うとそのためにJu88のような本来爆撃機を転用するよりもHe219のような戦闘機が必要とされたわけです。
またドイツ軍の攻撃パターンはいったん英軍機の下に占位してから上昇しつつ射撃をするというものです。

日本では昨年あたりにこれに感銘を受けた宮崎駿さんのイラストと紹介がついて再発されています。わたしも思わずこれに惹かれて買ってしまいました。

このテーマに興味あるひとにはかなりお勧めといえます。
posted by Y.Sasaki at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ 図書・映画など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

怒りの翼に怒る

War over Vietnamをやってたら無性に映画「怒りの翼イントルーダー」が見たくなってきました。あのガイドラインがゴォーっとばんばん上がってくるところです。
ちなみにこの映画のハノイ攻撃の帰りに二人が機内で歌う歌が「ダウンタウン」でGMTの"DOWNTOWN"のタイトルの由来です。

あとBull RunのTake commandシリーズが気に入ってるんですが、最近の南北戦争もの映画で戦闘シーンがリアルなものというと結局「グローリー」くらいになってしまうのでこれも借りようと思いました。

そこでひさしぶりにツタヤにいったところ、平日でけっこう空いていたので「ダヴィンチコード」が空いてるのを見つけて借りると、ちょっと「男たちの大和」も気になり計4本レジにもって行きました。
これをレジにもっていったら「旧作は4本で一本無料」ということでついでにティムバートンの「コープス・ブライド」を借ります。すると今度のレジの人は「大和」は旧作ではない、というので結局、ギリアムの「ブラザーズ・グリム」も借りるはめに(^^;

さすがにイントルーダーは低予算のせいかSFXがせこいというのと考証がいいかげんなところがありますのでひさしぶりに見るとちょっとがっかりします。
でも、このハノイの爆撃のシーンでダウンタウンに赴いた二人が有名な聖書の一節を引用すると単純に感動してしまうところが悲しいところです。

「グローリー」は映画自体がよく出来ていて、一般的にはデンゼルワシントンの出世作というところがポイントの映画です。これは劇場でも見たんですが、この黒人俳優なかなかいいなと思ったらやはり有名になりました。
軍服もそろって整然と行進する北軍にたいして、軍服はばらばらで雑然と動く南軍との対比がよく出ているという感じがします。またこんなに近距離で打ち合うのか、という驚きもありましたね。相手の顔が見える距離で打ち合うというのはなかなか恐ろしいものがあります。
ただ最後の突撃シーンが少し雑で、ここまでのせっかくのリアルさを生かしてないと思います。

「大和」も思ったよりはよかったんですが、まあ戦闘シーンもなんだかごちゃごちゃしているだけで映画都合という感じでリアルさにはかけます。これだったらみらい対ワスプ艦載機の戦いの方が対艦戦闘シーンとしてはよほどよかったような(笑)

「コープスブライト」もティムバートンらしいダークな中の優しさがよく出ていますがやはり「ナイトメア」の方がよいと思いましたし、「ブラザーズグリム」もいまひとつでした。
ギリアムはやはり好き勝手作って毒をはきまくった「タイドランド」の方が良い出来でした。「タイドランド」の方は劇場で見たのですがこちらは子役のすばらしさとあいまってギリアムらしいよい映画だと思います。
posted by Y.Sasaki at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ○ 図書・映画など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Tally Ho !

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。